background

 

無農薬ハーブと野草の拘り

東北牧場の動画はこちらをCLICK→

銀座300BARのグループ会社が直営している「東北牧場」では馬や鶏が無農薬で育った野菜や草を食べ、その糞が堆肥となって野菜栽培に
使われるという循環型農業を実施しています。

総面積100ヘクタールの広大な敷地を持ち、サラブレッドの生産、育成、調教の他に完全無農薬野菜の漬物、ハーブ、野草、有精卵
生産を行っています。 東北牧場は周囲を森林で囲まれているため、周辺農家からの農薬の影響を受けることがありません。

銀座300BARでは毎年この東北牧場から収穫される残留農薬ゼロの【無農薬ハーブ・野草】を使ったフードとカクテルメニューをご提供中です。

下記は東北牧場で収穫されるハーブと野草のカクテル、お茶、デザートで、いずれも1チケットでお召し上がり頂けます。

今年は特に、野草に力を入れています!皆様のご来店をお待ちしております。