background

 

プレス

無農薬ハーブ&野草の拘り

 

銀座300BARのグループ会社が直営している「東北牧場」では馬や鶏が無農薬で育った野菜や草を食べ、その糞が肥料となって

野菜栽培に使われているという循環型農業を実施しています。

総面積85ヘクタールの広大な敷地を持ち、サラブレッドの飼育の他に、完全無農薬野菜の栽培、有精卵の生産を行っています。

東北牧場は周囲を森林で囲まれているため、周辺農家からの農薬の影響を受けることがありません。

銀座300BARでは毎年この東北牧場から収穫される【無農薬ハーブ・野草】を使った新しいフードとカクテルメニューをご提供しております。

下記は、東北牧場で収穫される野草と、その野草を使ったカクテル、お茶、デザートです。

東北牧場の野草とハーブ

 

特にイチオシしたい「ガーデンモヒート」は、キューバ国の国営企業で生産されるラム酒【ハバナクラブ】を使用。

 
東北牧場の野草とハーブ

 
銀座300BARがこのモヒートを年間約40000杯販売した事に加え、キューババーテンダー協会の会長フェルナンデス氏に本場の味をレクチャーされた事から

【本物の味】と認められ、017年7月20日にキューバ大使からモヒート認定証を授与されました。

 

【ハーブ】や【野草】には効能があり、銀座300BARではお客様の大切な体に本当に良いものを提供したいと考え日夜、

東北牧場から収穫されたハーブや野草の商品開発に努めています。

   

今の時期【免疫力UP】にかかせない栄養素が【野草】【ハーブ】にはたっぷり入っています!

今年も、新しいメニューの提供を準備しておりますので是非!

お楽しみしていて下さい。