background

 

プレス

ハロウィンとDAY OF THE DEAD (死者の日) イベント

有限会社スリーハンドレッドバー(所在地:東京都中央区銀座5-9-11ファゼンダビル10F、取締役:九十九 和子)が運営する銀座300BARの全3店舗は、キリンビール株式会社とのコラボレーションにより、ハロウィンとメキシコの伝統行事である Day of the Dead (死者の日)を祝うイベント「Halloween & Day of the Dead」を2018年10月22日(月)から 11月4日(日)までの期間で開催いたします。

期間中は店内装飾だけでなく、銀座300BARのスタッフもメキシカンスカルメイクで皆さまをお出迎えし、期間限定メニューのテキーラカクテルや、「手摘みサラダ(パンプキンディップ)」、「パンプキングラタン」のフードメニュー、メキシカンプレミアムビールのネグラ・モデロやコロナ エキストラも、すべて各300円税別で提供いたします。

300BAR_halloween_and_dayofthedead_2018title

銀座300BARでは、プレミアムテキーラ「ドン・フリオ」を通して、テキーラカクテルとしての新たな愉しみ方や、メキシコ・テキーラに纏わる文化をより印象深く体感いただくため、死者の日には欠かせない「カトリーナ」に扮したプロモーションガールが、11月1日の夜に銀座・新橋エリアを巡回し、3店舗すべてに来店いたします。来店時にドン・フリオカクテルをご注文いただいたお客様にオリジナルキャンディを進呈し、テキーラカクテルの体験の場を提供いたします。

日本ではまだ馴染みのないメキシコの一大イベントDay of the Dead(死者の日)をテーマにしたイベントを通して、日本でその知名度を高めること、また海外ではセレブの間で大流行しているプレミアムテキーラの香りや味の楽しみ方を提案し、多面的な魅力を持つメキシコを体験いただけるイベントとなります。

カラオケの鉄人 銀座店とのスペシャルコラボレーション

300BAR 5丁目店と同じビル内の階上に立地するカラオケの鉄人 銀座店(株式会社 鉄人化計画運営 カラオケ・エンターテインメント事業)との初のコラボレーションとして、カラオケの鉄人 銀座店では10月29日(月)から11月4日(日)までの期間、銀座300BAR考案の「Day of the Dead」オリジナルカクテルを銀座店限定のスペシャルドリンク「Remember Me」として提供予定で、詳細は後日発表いたします。

サクラハウス、カラオケの鉄人 銀座店とのスペシャルコラボレーション

開催期間中の10月31日(水)には、世界100か国以上から年間5万人以上の外国人をお迎えしている株式会社サクラハウスと、株式会社 鉄人化計画が運営するカラオケ・エンターテインメント事業、カラオケの鉄人と共催し、「サクラカラオケ・パーティー:Halloween & Day of the Dead」を開催いたします。

今回で7回目となる「サクラカラオケ・パーティー」は、サクラハウスにご滞在中の外国人ゲストの皆さまと一緒に、銀座300BAR 5丁目店にて期間限定フードやカクテルに舌鼓を打ち、カラオケの鉄人 銀座店では、大好評のコスプレレンタルで仮装をし、日本の文化の一つである「カラオケ」「カラオケボックス」を体験する訪日外国人に大人気のイベントです。この度の第7回では、「Halloween & Day of the Dead」を開催中の300BAR 5丁目店にて期間限定メニューを楽しみ、カラオケの鉄人 銀座店では、特別にDay of the Deadのテーマで装飾されたパーティールームにて、カラオケを楽しみながら「Halloween & Day of the Dead」をお祝いいたします。

Day of the Dead(死者の日)とは

ラテンアメリカ(南米)の国々での祝日。特にメキシコでは盛大に祝われ、現在では北米(アメリカ・カナダ)へ移住しているラテンアメリカ出身の人々でも祝われている。カトリック教会のAll Saints’ Day(諸聖人の日)である11月1日の翌日、11月2日がDay of the Dead (死者の日)と定められ、家族や友人と共に、故人に想いを馳せる日としている。また、死者の貴婦人「カトリーナ」は死者の日のアイコンとして、古くからメキシコ人に親しまれています。

プレスパックはこちらからダウンロードしてください。